Menu

仕事の効率化を進める

社内

仕事を進めるにあたって欠かせない存在と言えるプリンターですが、エラー表示が出て使えなくなることもあります。目詰まりの場合はヘッドクリーニングやインクの交換などを行えば治る可能性が高いため、まずは試してみてはいかがでしょうか。

詳しく見る

購入とどちらがいいか

コピー機

長く使うなら利点が多い

多くの会社ではコピー機が必須ですが、購入する以外にリースやレンタルという方法も選べます。コピー機を導入したことのある会社では、購入派が最も多いものの、リース派との差はさほどありません。コピー機のリース契約は、料金を分割払いのように分けて支払う仕組みです。契約をリース会社と結ぶ際は、コピー機販売会社が代行してくれることがほとんどです。そして、リース期間が満了すると新機種へ入れ換えるのが一般的ですが、コピー機を返還する場合は実費を負担しリース会社の指定する場所へ返す必要があります。リース契約のメリットは、初期費用が不要であることや毎月の経費扱いにできることです。それに固定の月額料金となるので、ランニングコストも把握しやすくなります。さらにコピー機の所有権がリース会社にあることで、減価償却や固定資産税の支払いが不要です。精密機械であるコピー機は、定期的なメンテナンスが大切になります。コピー機を購入すると一定期間の保証が付きますが、リースの場合は保守契約を結ぶのが一般的です。保守契約を結んでおくことで、継続してメンテナンスサポートを受けられるので、印刷の品質を保持したり紙詰まりを防いだりといった不具合を防止できます。また、インク交換を行ってくれる良さもあります。それから、リース期間は5年が一般的です。途中で解約する場合は違約金がかかるのが一般的なので、使い続ける予定の会社に適しているでしょう。

高品位の印刷のために

インク

コニカミノルタの複合機は高精細な印刷ができることやサポートの良いことで人気ですが、印刷料金を節約するにはリサイクルトナーを使うとよいでしょう。口コミがよく、販売数が多く、可動部のチェックまでしている業者から購入するとよいでしょう。

詳しく見る

市場の拡大で性能も向上

3Dプリンター

テレビのニュースで取り上げられたこともある3Dプリンターは、2009年頃から性能の向上と低価格で販売されるようになった商品です。最近では更なる性能の向上が見られ、あらゆる分野で必要とされている機器になりました。

詳しく見る

外でも使えるものもある

固定電話

会社ではビジネスホンを使うことになります。回線増設工事などもよくあるため、リースがおすすめです。リースなら手頃な費用で利用できます。それに、様々な種類から選べるようになっているところも便利です。機能性を重視して選びましょう。

詳しく見る

安くて便利

複合機

企業で使うコピー機はリースがおすすめです。購入するよりも安く使えるものが多いからです。それに、定期的にメンテナンスに来てもらえたり、消耗品を補充してくれたりすることもあります。そんな対応の良い業者を選びましょう。

詳しく見る